オリーブオイルサプリでオレイン酸の作用に期待

健康診断でコレステロール値に異常が出たら嫌ですよね。悪玉コレステロールでボロボロ血管にドロドロ血液が溜まり心臓疾患も。そんな時はオリーブオイルのオレイン酸に注目。悪玉コレステロールを減らして若返りを計ろう。

健康診断でコレステロール値に異常が出たら嫌ですよね。悪玉コレステロールでボロボロ血管にドロドロ血液が溜まり心臓疾患も。そんな時はオリーブオイルのオレイン酸に注目。悪玉コレステロールを減らして若返りを計ろう。

コレステロール値を下げる事で健康維持

早い人で30代ですが、40代にもなってくると健康診断で必ずどこかの項目で「経過観察」のような正常範囲を超えてしまうことが出てきます。一番気になるのは、肥満にかかわることでしょうね。気になる項目のランキングは、

1位 脂質
2位 血圧
3位 肝機能

独自アンケートでも、内臓脂肪、高血圧、肝臓の状態は特に男性が気にする項目ですね。女性の場合は女性特有の病気に関わる項目が一番気がかりなようです。日頃の運動不足、接待が多い職業なら飲み会などで肝臓が休まる日も無いでしょうね。生活習慣が乱れるとストレスも蓄積されて、良いことはありません。健康診断で「経過観察」のレベルになったら、何か手を打つことは大事ですね。

特に脂質は、総コレステロール、中性脂肪、HDL-C(善玉コレステロール)、LDL-C(悪玉コレステロール)のそれぞれを数値化してくれてます。全部、引っかかりたくないですよね。特にLDL-Cで表される悪玉コレステロールは要注意ですね。

LDL-Cすなわち悪玉コレステロールの数値が高いと、ドロドロ血液の可能性があり、血管内部にこびりついて溜まると、血管年齢の老化に伴う動脈硬化などの重い疾患リスクが高くなってきます。

コレステロール値を下げる効果的な成分の定番と言えば、オリーブオイルに含まれるオレイン酸とオリーブポリフェノール、それとビタミンEと言われています。

オリーブオイルを毎日ふんだんに使う地中海式の食習慣の中で生活している人々は、血管の老化の原因である動脈硬化や心疾患などの発症率が著しく低いんです。研究者によってオリーブオイルがコレステロール値の改善に効果的であることも証明されてます。

ただし日本では、オリーブオイルを常に料理に使うわけではないですし、オリーブジュースも売られていますが飲みにくいのが定番です。

そこで、クチコミなどで人気のオリーブオイルをカプセルにしたサプリメントがオススメです。

>>>オリーブジュースカプセルを詳しく見てみる<<<

悪玉コレステロールを下げると健康に近づく

LDL-C悪玉コレステロールを下げるには、どういった方法があるでしょうか。悪玉コレステロールを増やさない作用があるオリーブオイルのオレイン酸の作用に期待することもできます。もともとオリーブオイルを使った料理を日常的食べていた地中海沿岸の人々が、動脈硬化などの疾患の割合が低いことが知られています。恐らくオリーブオイルのオレイン酸に働きが影響しているだろうという説が強くなっています。

オリーブオイルを使ったサプリメントならオリーブジュースカプセルがおすすめです。コレステロールを下げる成分のオレイン酸の他に、老化に対抗するとされるヒドロキシチロソール(オリーブポリフェノール)、ビタミンEなどの成分を取り入れることができます。このオリーブジュースカプセルは、コレステロールの改善に良いと知りながらも、オリーブオイルの口当たりや風味が苦手で料理にも使わない人がいることから、濃縮してカプセルにすることで飲みやすくしたものです。

この1粒1粒にギュッとオリーブオイルの健康成分が凝縮されているので、とても効率よく必要な成分が身体に入っていきます。オリーブジュースカプセルは薬ではなく、あくまでもサプリメントなので、継続して飲んでいくことで健康診断の結果ニ変化が表れると嬉しいこと間違いなしです。

俳優の速水もこみちさんがオリーブオイルをたくさん使ったレシピをテレビで公開していますが、使ってるオリーブオイルの価格が高いんですよね。大体、オリーブオイル自体が高価な調味料なのでサプリメントなら、気軽に飲めると思います。

オリーブジュースカプセルの健康法を1か月体験してみる

今なら1か月分(90粒)が1,800円(税別)のキャンペーン価格で提供されています。

ちなみに、オリーブオイルをスプーン1杯飲む健康法が流行りましたが、スプーン1杯では必要な成分は摂れないとも言われています。オリーブオイル自体も上質なものでなければ、スプーン1杯のオリーブオイル健康法は、ちょっと期待はずれになるかもしれません。

食事によるコレステロール制限は効果なしという噂

もう数年前になりますが、お昼の情報番組で、今ではかなりの影響力を持つようになりましたが、かつては食事制限にかんするテーマを取り扱っていました。そのテーマが、

「食事によるコレステロール制限は無意味?」

いうことでした。新聞記事でもコレステロールをコントロールすべく食事制限が常識だったことを覆すような衝撃の記事が掲載されていましたので、ここに再掲してみます。


動脈硬化学会は1日の声明で「食べるのを制限しても血中の値が低下する人と、しにくい人がいて、個人差が大きい」と基準の撤廃に賛同した。
悪玉コレステロールの値が高い人はコレステロールの摂取制限が推奨されるとする一方、食事や運動、生活習慣を全体的に改善することが必要とした。
食事についても脂質だけを減らすのではなく「食物繊維を多く含む大豆製品や海藻、野菜類を増やすことが大切」と訴えた。
(2015/5/2:毎日新聞)

食事だけではコレステロール値を下げることは出来ないと思ったほうがいいようですね。動脈硬化学会が発表したのでは、どうしようも反論が出来ないでしょう。人間が食事を通じて胃腸から必要な栄養分を吸収する効率って、そんなに高くないということなのでしょう。もしくは人間が健康であるためには、相当なエネルギーが必要だとも言えますね。

食べることを制限する方法は、管理栄養士が作成した献立などのサポートが無ければ、ひとりで実践は不可能です。栄養に関心はあっても必要な量は計算出来ませんし、食欲に勝てる人間はいませんので、やはりサプリメントで補給することが望ましいのではないでしょうか。

簡単そして確実にコレステロールを下げるなら、カプセル状で飲みやすい、すこやか工房のオリーブジュースカプセルをすぐにスタートすることです。

>>>まず1カ月分だけオリーブジュースカプセルを試してみる<<<

手軽にオリーブジュースカプセルで、コレステロールを下げる成分のオレイン酸とオリーブポリフェノールを摂取して、地中海の人々のように健康な身体を維持した方が無理がないですよね。

悪玉コレステロールの増やし過ぎのリスク

悪玉コレステロールは、なぜ、増えすぎると良く無いのか。何となくしか分かってないような感じがしますよね。詳しいことは医師による説明が最適ですが、調べた限りでは、

・血管の内部を傷つける
・血管壁にこびり付いて溜まってしまう

性質があるようで、特に厄介なのが、血管にこびりついてしまった悪玉コレステロールが酸化したときです。酸化した悪玉コレステロールを免疫細胞が「異物」と判断して、これを排除するために「プラーク」と言われるコブを作ります。このコブが血管の内部を専有してしまい、挙句の果てには血液が通りにくくなる「動脈硬化」によって心筋梗塞など病気を引き起こすことになります。心筋梗塞なんて、はっきり言って怖いですよ。

では悪玉コレステロールが増えるきっかけか何かあるのでしょうか。それも調べてみると、「飽和脂肪酸」という成分の摂り過ぎにあるようです。飽和脂肪酸はバターや生クリームなどの乳製品やラード、肉の脂身に多く含まれているので、ガッツリ肉食系で運動不足の人は、体内に必要以上に蓄積されているかもしれません。できることなら、ちょっと抑え気味にしてみると、もしかすると健康診断の数値も気にならない範囲に収まる可能性もでてきますね。

どうしても食生活って変わりにくい、変えにくいのなら、悪玉コレステロールを減らすような食べ物を意識的に摂ってみてはいかがでしょうか。「ブロッコリー」「キャベツ」などのアブラナ科の野菜は、悪玉コレステロールを体外に排出する天然アミノ酸「SMCS」が含まれています。トンカツ定食にキャベツがたくさん盛ってあるのは、悪玉コレステロールを排出することから付け合わせに一緒に提供されています(諸説あり)。

その他、禁煙、節酒、ストレス解消も悪玉コレステロールを減らす対策としては有効です。どれも難しいですけど、禁煙や節酒は一気にやるのではなくて徐々に、ストレス解消も軽い運動でも良いようです。運動の場合は、1日1万歩を週5日以上で善玉コレステロールが増えるとも言われますが、これは結構な運動量で、仕事を持っている人には難しいでしょうから、ジムに通ってみるのも手段の一つです。

ともかくまずはオリーブジュースカプセルからスタートです。


オリーブオイルサプリでオレイン酸の作用に期待 © 2018