オリーブオイルサプリでオレイン酸の作用に期待

血液検査で善玉コレステロールの数値が低く悪玉コレステロールが高いと心筋梗塞のリスクが急上昇。その余波で心臓の冠動脈が狭くなったり、首の頸動脈にコブが出来たり突然死リスクが拡大。特にヘビースモーカーはオリーブジュースカプセルがオススメ。

血液検査で善玉コレステロールの数値が低く悪玉コレステロールが高いと心筋梗塞のリスクが急上昇。その余波で心臓の冠動脈が狭くなったり、首の頸動脈にコブが出来たり突然死リスクが拡大。特にヘビースモーカーはオリーブジュースカプセルがオススメ。

悪玉コレステロールを減らすオレイン酸

健康診断で要注意項目とされている悪玉コレステロールの数値を下げるなら、オリーブジュースカプセルを飲み始めてみては。

特に体調が悪くないのに、健康診断の数値が悪いと、かなりショックですし、正常という評価が欲しいですよね。機械的に判断しているので、コンマいくらのはみ出しでもNGを出されるわけですから、余計に正常範囲に戻したいものです。

特にコレステロールに関しては、正常の範囲内でキープしたい、あるいは、異常値だったので下げたい場合、カギとなる成分はオレイン酸です。オレイン酸は、オリーブオイルにたっぷり入っています。地中海沿岸では伝統的にオリーブオイルを使った料理が日常なので、その地域の人々の健康ぶりが調査によって結論付けされてもいます。循環器系の疾患が少ないので、オリーブオイルのオレイン酸が良い影響を与えているのではないか言われてるのです。

ただ、日本の食文化からすると、オリーブオイルを毎日料理に使うことは無いですよね。自分自身のためにも、いろいろオリープオイルのオレイン酸を効率的に摂取できる方法を探した結果、オリーブジュースカプセルというサプリメントを飲む事に辿り着きました。福岡県の「すこやか工房」から通販限定で販売されています。Amazonや楽天市場など通販モールでも売られていますが、公式ショップからが一番ベストです。定期購入コースだと、割引がずっと受けられるからです。初回の価格も格安です。

公式サイトによると、

・原材料は世界一のオリーブオイル生産国であるスペイン産
・農薬を使わないオーガニック栽培の農家と提携
・エキストラバージンオリーブオイルという希少なオイルだけを使用
・EFSA(エフサ)基準を上回るポリフェノールを含有

という具合です。

日本のオリーブオイルの産地である四国の小豆島の農園でも、スペインの農家と提携している農園もあるので、やはりスペインのオリーブは別格なんだなあと感じました。そんな農家のエクストラバージンオリーブオイルを使ったオリーブジュースカプセルが、今なら格安キャンペーン中なので、この機会がチャンスです。

オリーブジュースカプセル キャンペーン詳細

食事制限よりオレイン酸豊富なオリーブオイルサプリ

食事制限程度で悪玉コレステロールは減らすことはできないという話題が過去に出ていたようです。悪玉コレステロールについて書かれた新聞記事でした。


動脈硬化学会は1日の声明で「食べるのを制限しても血中の値が低下する人と、しにくい人がいて、個人差が大きい」と基準の撤廃に賛同した。
悪玉コレステロールの値が高い人はコレステロールの摂取制限が推奨されるとする一方、食事や運動、生活習慣を全体的に改善することが必要とした。
食事についても脂質だけを減らすのではなく「食物繊維を多く含む大豆製品や海藻、野菜類を増やすことが大切」と訴えた。
(2015/5/2:毎日新聞)

 

食事で悪玉コレステロールをコントロールするのは相当難しいようです。

悪玉コレステロール改善の定番の薬が、メリットより副作用が心配という話題もキャッチしました。悪玉コレステロールを減らす治療薬であるスタチンは、体の一部の筋肉が溶けて腎臓に障害を引き起こす横紋筋融解症や肝機能障害などの深刻な副作用リスクの方が心配されているようなのです。「スタチン 副作用」で検索すると、いろいろな情報が出てきました。

ちなみに悪玉コレステロールは肉の動物性脂肪によって増えるので、食べ過ぎには注意したいですよね。飽和脂肪酸が多いので、これが悪玉コレステロールを増やしてしまいます。(参照:糖尿病ネットワーク http://www.dm-net.co.jp/)
飽和脂肪酸が多いのは、牛や豚のバラ肉、鶏の皮などです。焼き鳥で美味しい部位なのに、このような事実を知ったら複雑ですね。逆に悪玉コレステロールを減らす場合は、食物繊維が重要です。食物繊維はコレステロールの吸収を抑えるからです。野菜、きのこ、海藻、果物などには食物繊維が含まれています。

もうひとつは運動ですね。ウォーキングなどの有酸素運動を30分でもやるだけで随分と違うそうですよ。運等不足の場合、30分、ぶっ続けもシンドイでしょうから、10分を3回というように細切れでも構わないです。

上質なオリーブオイルのサプリ

オリーブオイルの消費量が多い国は、地中海沿岸部のギリシャなんですね。ちなみにオリーブの産出はスペイン、オリーブオイルの輸出はイタリアが、それぞれ世界一です。EU圏強いですね。中でも注目はギリシャで、日常的にオリーブオイルを使った料理を食べています。ギリシャを含めた地中海沿岸部でオリーブオイルを日常的に食事から摂取し、ワインも飲みまくっているにも関わらず、冠状動脈性心疾患の発症が少ないのは、オリーブオイルに含まるオレイン酸が影響しているだろうという説が強いので、オリーブオイル健康説が広まりました。

オレイン酸は、悪玉コレステロールを増やさない脂肪酸であることは知られています。オレイン酸だけが悪玉コレステロールに影響しているわけではなく、オリーブオイルを使って野菜や魚介類で料理を作る地中海式だからこその効果であるという見方もあります。ともかくオリーブオイルは、もっと日本人も摂取していいものだと思いますね。日本の食卓にもオリーブオイルが置いてあることも珍しくないでしょうけど、日常的には、まだまだというところでしょうか。

オリーブオイル自体も種類が多く、どれを買って良いのか正直、わからないですよね。ビンの表示だけを見てもピンとこないものです。日本では3つの種類を中心に市販されていて、

・エクストラバージンオリーブオイル
・ピュアオリーブオイル
・オリーブポマースオイル

一般的に知名度が高いのは、エクストラバージンオリーブオイルだと思います。オリーブの一番搾りで、オレイン酸やポリフェノールなどの抗酸化作用を期待するなら、この種類を使いましょう。エクストラバージンオリーブオイルは辛みが強いものと比較的マイルドなものがあるので、お好みで選びましょう。

手軽に悪玉コレステロールを減らす方法はありませんが、すこやか工房のオリーブジュースカプセルには、悪玉コレステロールを増やさないオレイン酸が豊富に入っているので、食事から摂れない分を補う意味でおすすめです。

悪玉コレステロールの増殖を抑えるオレイン酸とオリーブポリフェノールを摂取して悪玉コレステロールを身体から出す方が無理な負担がなくていいですよ。

健康食品のトラブル増加中

健康食品を「何かに効果がある」と断定することは出来ません。また「食後に1錠」など処方箋のような書き方も誤解を招くので書いてはいけないことになっています。しかし、健康食品への期待が高いのか、健康食品を薬と勘違いしているのか、過度に期待するのは止めましょう。あくまでも不足している栄養素などを補充するのが健康食品の目的です。

数ある健康食品の中から、自分の目的にあったものを購入しようとするとき、商品そのものの確実な情報が必要となります。各成分に関しての情報は本やインターネット上でも調べることができますが、実際に使用するときにはその商品に含まれている成分、含有量、価格などが購入の決め手となるでしょう。健康食品を選ぶ際には、表示に関して次のようなことに注目してみてください。

●製造者・販売者が明記されている
●商品に関する責任の所在
●原材料
●お客様窓口などの問合せ先
●商品に関する苦情や相談の窓口
●栄養成分やその他含有成分の量
●摂取方法や摂取量、注意事項など
●効能に関して不適切な表現はされていないか

健康食品はあくまで食品です。症状はあるが検査では異常がない、いわゆる未病の段階で使用するもので、薬の代わりにはならないことを忘れてはいけません。また健康食品は使用法を誤ったり過剰摂取した場合には、からだに害が及ぶ可能性もあることも頭に置いておく必要があります。今からだに感じている不快な症状に、何らかの治療効果を期待するのであれば、サプリメントではなく、医薬品を使用してください。

オリーブオイルのサプリは健康食品です。商品名はオリーブジュースカプセルです。すこやか工房がネット販売しています。オリーブオイルを日常的に使っていれば、オリーブジュースカプセルは必要ないですが、日本では、オリーブオイルを日常的に使う食生活ではありません。ところがオリーブオイルのオレイン酸が身体に良い影響を与えるので、カプセルに詰めたオリーブジュースカプセルが売れるのです。


オリーブオイルサプリでオレイン酸の作用に期待 © 2018